No.1573

2019年8月17日、18日 放送

平和への思い

 荒木寛二さん

埼玉県ふじみ野市にあるキリスト教会の牧師・荒木寛二さん(77歳)は、広島県出身で、3歳の時に被曝体験をしました。爆心地から約1.5キロのところにある自宅にいた荒木さんの体には、無数のガラスの破片が刺さっていたといいます。戦後、19歳でクリスチャンとなり、その後、牧師となった荒木さんは、神の愛を語り続ける中で、平和への思いが年々、強くなっていったといいます。そんな荒木さんの体験談と平和への思いを伺います。

バイブルコーナー「世の光」

 お話:原田憲夫牧師

◆今週の聖書のことば

 『あなたの隣人を愛し、あなたの敵を憎め』と

 言われていたのを、あなたがたは聞いています。

 しかし、わたしはあなたがたに言います。

 自分の敵を愛し、自分を迫害する者のために

 祈りなさい。

 マタイの福音書 5章43, 44節


◆番組のプレゼント

 

 小冊子「野の花のように」

  抽選で 20名の方にプレゼントします。

 

こちらから番組プレゼントの応募ができます。