No.1581

2019年10月12日、13日 放送

一粒の麦

 山田 火砂子さん


日本初の女医・荻野吟子の生涯を描いた映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」(現代ぷろだくしょん)が、10/26から上映されます。荻野吟子は、まだ日本では女性に医者の許可を与える制度がない明治時代に、男子の学校に通い、苦労を重ねて、日本で初めての女医となりました。クリスチャンであった荻野吟子の愛した聖書のことばは、「人その友の為に己の命をすつる。これより大いなる愛はなし」でした。この映画の監督・山田火砂子さんにお話を伺います。

バイブルコーナー「世の光」

 お話:岩井基雄牧師

◆今週の聖書のことば

まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。

          ヨハネの福音書 12章24節 

 

わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。

人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。

ヨハネの福音書 15章12、13節


◆番組のプレゼント

     

 映画「鑑賞券」または「パンフレット」

 

抽選で それぞれ12名の方にプレゼントします。

 

こちらから番組プレゼントの応募ができます。